当サイトは性を追求するため、
一部アダルトコンテンツが含まれます。
18歳未満の方の入場・閲覧を固く禁じます。


公然わいせつ⁉野外オナニーの解放感と気持ちよさ、誰にもバレずに安全に行う方法

皆さん、オナニーはしてますか?

オナニーする場所といえば自室やお風呂場など、人に見つからない場所で行うのが一般的ですが、今回のテーマである「野外オナニー」ではその真逆の「野外」で行うオナニーです。

通常のオナニーと違って、いつどこで誰に合うか分からないオナニーですので、興奮度や緊張感は相当なものです。

普通のオナニーに飽きてきた、マンネリ気味なんて方にとって、とても刺激的なオナニーになりますのでご覧ください。

野外オナニーの気持ちよさ

野外オナニーのメリットは何と言ってもその開放感です。

自室やお風呂場でするオナニーと違って、普段人がいるはずの場所でオナニーをしているという背徳感が相まって余計に興奮してしまうことでしょう。

まるでこの世に自分しかいなくなったように感じてしまう圧倒的な解放感はやったことのある人にしか分かりません。
普通のオナニーに飽きてきた方は、一度やってみるとヤミツキになるかもしれませんよ。

また、公開オナニーと野外オナニーは全く違う別物です。

公開オナニーは人に見せることが目的であることに対し、野外オナニーは人に見られないかのドキドキを楽しむものです。

公開オナニーは完全に犯罪ですので、止めておきましょう。

野外オナニーは普段味わえないような解放感を感じることができるオナニーです。

あくまで人に見せないオナニーですので、公開オナニーとは勘違いしないようにしましょう。

【重要】野外オナニーをする場所


野外オナニーをするにあたって、場所というのはとても大事なポイントになります。

できるだけ人気のない場所と時間帯を考慮して、絶対に人に見つからないようにしましょう。

公衆トイレ

野外オナニー初心者にとって、一番手軽に人にばれないでできる場所が「公衆トイレ」です。

トイレの個室の中は完全にプライベート空間ですので、例え全裸でオナニーしていたとしても許される場所です。
(ただし駅のトイレなど、混雑が予想される場所では控えるようにしましょう。)

公衆トイレに慣れてきたら、カフェのトイレ、パチンコ屋のトイレ、校内のトイレなどで試してみるのもいいかもしれません。

仮にプレイの最中に人が入ってきたとしても、息を殺してオナニーを続けることで普段味わえないような興奮が味わえることでしょう。

車の中

カーセックスならぬ”カーオナニー”でも野外の興奮を得られることができます。

人気のないところに車を止めてオナニーすると、いつ見つかるのかドキドキしながらオナニーすることができるでしょう。

余談ですが、管理人は運転しながらオナニーをしたことがあります。

コンドームをしていたので運転中にそのまま射精したのですが、気持ちよすぎてアクセルを強く踏んでしまったことを覚えています。

運転中にカーオナニーをする際には、イク時にアクセルを強くことないように注意してください。

公園・森

人気の少ない公園や森では自然に囲まれたオナニーをすることができます。

地面が土なので精子をその辺に出したとしても土に吸収されるのがメリットでもあります。

ちょっと元気のない時でも、オナニーをすることで自然から力を分けてもらい、英気を養うことも可能です。

家の屋根

自宅が屋根に上れる構造の方は、一度屋根に上ってオナニーしてみてもいいかもしれません。
住宅が密集している地域では難しいかもしれませんが、隣の家から見えないような場所でオナニーすると、普段では想像も付かないような解放感にビックリすると思います。

これも余談なのですが、屋根に寝転がって星空を見ながらするオナニーもオツなものですよ。
まるで宇宙と合体するようなとても神秘的な気分になれます。

私もしたことがあるのですが、こんなにもロマンチックなオナニーはなかなかできるものではありませんのでオススメです。

見つからなければ違法ではない!?

幸いなことに「青姦(野外セックス)」よりは野外オナニーの方が人にバレるリスクが少ないです。

セックスだとどうしても激しいピストン運動が必須になりますが、野外オナニーではせいぜい指先をシコシコと動かす程度で、意識してさえいれば激しいピストン運動にはなり得ません。

また、セックスだと性器を出さないとできませんが、オナニーではズボンの中、羽織ったコートの中でもすることができるので、仮に誰かとバッタリ出くわした時でもバレない可能性の方が高いです。

あらかじめコンドームを装着しておけば、出した精液の処理も楽に行えますので、その辺に精液を飛び散らかす心配もありません。

性器を出さない限り、人にバレるリスクも少なく、比較的安全なオナニーと言っても過言ではありません。(時と場所にもよります。)

しかし、万が一オナニーしているところを見つかってしまうと、公然わいせつ罪に問われる可能性がありますので注意が必要です。

人にバッタリ会ったり、バレそうになったりしたなら、すぐさまその場から退避するようにしましょう。

また、野外オナニーといっても必ずしも外ですることではありません。

公衆トイレなどでは完全に個室ですし、処理用のティッシュもありますので、オナニーの証拠が残らずにすることができます。

あなたが解放感欲しさに全裸になったとしても、個室の中は基本的に覗かれることはありません。安心してオナニーをすることができます。

もし出先でどうしようもなくムラムラしてしまったのなら、トイレでササっとヌイてしまうのが一番リスクがない方法でしょう。

人に見つかるハラハラ感が好きでも、実際に見つかってしまうと公然わいせつ罪に問われることになりますので注意です。

絶対に見つからない場所で、万が一見つかったとしても大丈夫なように着衣のままでやるようにしましょう。

まとめ

野外オナニーは普段味わえないような解放感といつ人に見つかるか分からないドキドキ感が魅力です。

ですが、あくまで人に見つからないことが前提として行うオナニーです。

行き過ぎてどんどん過激なプレイをしすぎないようにするようにしましょう。

まずは初心者は、トイレから始めてみるのがいいと思いますよ。

きっと今まで味わったことがない興奮にビックリすることでしょう。

オナニーに関する全ての疑問点や雑学を網羅!
初心者から上級者まで、オナニーの広辞苑とも言える記事です。

是非ともご覧ください。

【全まとめ】オナニーの方法や注意点、初心者から上級者まで実践記を踏まえて完全解説