当サイトは性を追求するため、
一部アダルトコンテンツが含まれます。
18歳未満の方の入場・閲覧を固く禁じます。


怖いけど楽しい?明晰夢を見る方法・実際に体験した感想!

いきなりですが皆さん、「明晰夢」ってご存知ですか?

読み方は”めいせきむ”と読みます。

おそらくほとんどの方が知らないのではないでしょうか?

自分も存在自体は知っていましたが、詳しく理解はしておらず経験しようとすら思っていませんでした。

今回はそんな明晰夢について少し詳しくお話させていただきます。

明晰夢って何?

まず明晰夢とはいったい何なのか?

【明晰夢(めいせきむ)】とは?

明晰夢(めいせきむ、英語:Lucid dreaming)とは、睡眠中にみる夢のうち、自分で夢であると自覚しながら見ている夢のことである。明晰夢の経験者はしばしば、夢の状況を自分の思い通りに変化させられると語っている。

参考:Wikipedia

明晰夢とはつまり、自分の思い通りを体験できる夢のことであり、これをマスターできればどんな欲望も叶えることができるというまさに夢のような話です。

明晰夢を理解した上で、まず私が思い浮かんだのは、

“有名人とSEXしたい”

“空を自由に飛んでみたい”

この2つでした。

SEXすることと空を飛ぶこと。

この二つは夢における欲求の最大のテーマみたいですね。

では夢を見ている時に“これは夢だ!”と気づくことなど可能なのでしょうか?

かく言う自分は一度だけ経験したことがあります。

私は現在20代後半ですが、この経験をしたのは数年前か10年前か・・・

記憶も曖昧でどんな夢を見たのか内容すら覚えていませんが、ただ一つだけ覚えていることがあります。

それは夢だと認識した直後にまた普段通りの夢に逆戻りしたことです。つまり・・・

何も体験できなかった

ということですね。

あの時の悔しさは何とも言えないものがあり、今日までその悔しさだけは鮮明に記憶に残っています。

明晰夢を見る事のメリット・デメリット

一見夢のような話ですが、明晰夢を見る事のメリット・デメリットを挙げていきたいと思います。

【メリット】
想像力が豊かになる

これはつまり、夢の出来事を自分で創り出すということに繋がってきます。

ああしたい、こうしたいなどの欲求を頭でイメージし再現する。

場合によっては現実では到底不可能な事象ですら想像力を高める事により可能にしてしまう。

その結果、現実世界において色々なアイデアが自身の仕事だったりプライベートで役立つ日がくるかもしれません。

そして何より、この想像力こそが我々が突き進む上で必要不可欠な題材になってくるのです。

欲望をコントロールできる

皆さんが想像している通り夢の中は自由です。

おいしい料理をひたすら食べたい・・・

そんな欲望すら夢の中では叶ってしまいます。

明晰夢の凄いところは食べたのものの味がしっかりとすることです。

おいしくてノンカロリーのものをいくらでも食べることができるので最高ですよね。

すると現実世界で欲望に固執することはなくなり、コントロールできるというわけです。

自分を客観視できる

これはどういうことかと言うと、夢(明晰夢)を見ている間は第3者視点になるようです。

これにより自分を客観視することができ、自分を見つめなおすことが可能となります。

他にも当然、非日常的な経験ができたり、ストレス発散というメリットも存在します。

一見メリットしかないように思える明晰夢ですが、

逆にデメリットはどういったものが存在するのか見ていきましょう。

【デメリット】
寝不足になる

これは容易に想像つきますね。

半分寝てて、半分起きているようなものですから。

夢の中でも色んな体験をしようとしているのですから、自分はこれぐらいのリスクは承知の上です。

※翌日大事な会議でプレゼンがある場合等はオススメできません。

人から変な目で見られる

“見たい夢見れる”ということを周りの人に言うと変人扱いされるみたいです。

私はむしろ、“すごいなぁ”とか“コツとかあるの?”とか思っちゃいますけど、不用意に発言しないほうがいいみたいですね。

変人扱いされようが、私は明晰夢を見たい欲求のほうが圧倒的に強いので実践するまでですが。

現実世界の壁にぶち当たる

これも明晰夢を見るとぶち当たりそうな壁ですね。

夢では基本的に失敗してもオッケーな訳ですが、現実世界はそうはいきません。

夜、寝ている間はその名のとおり”夢の世界”にいるわけですが、起きると空も飛べませんし、目の前に高級料理がずらりと並んでいるわけでもありません。

そうなった時に自分にどういった対処ができるのか。

このあたりの自分自身の選択にも興味があります。

個人的には夢と現実世界がごっちゃになって訳わからなくなるんじゃないか?

とも思いましたが、夢かどうか分からなくなったらそれは夢であり、それを確認する方法も存在するので心配なさそうです。

いざ明晰夢を見るために

以上の点を踏まえて明晰夢ビギナーの私、横山が明晰夢を見れるようになるまで実践してみようと思います。

1日.2日で見れるようになるわけではありませんので日々の鍛錬が必要となってきますね。

では実際、明晰夢を見るために実践していく内容は?

【夢日記を書く】

これは夢の内容を思い出す訓練になるそうです。

起きてすぐにノートに覚えている事を箇条書きでいいから毎日書いていくこと。

そしてその風景や事象が現実世界と紐づくものがあるのか?

このあたりを考えてみる。

【リアリティチェックを行う】

これは夢と現実世界の違いを見つけるためのものです。

現実世界の常日頃から“これは夢じゃないか?”と確認する習慣をつけておくことが大事だそうです。

当然、夢ではなく現実世界なのは分かりきっていますが、疑わず本気で夢かどうかを確かめることが明晰夢への近道になります。

そしていざ夢を見たとき、同じようにリアリティチェックを行うことにより異変に気付き”これは夢だ!”と認識するようです。

まずはこのあたりを本気で実践してみて何ら変わりがなければ、他の手法も取り入れようかと考えています。

はじめての明晰夢を体験

私は風邪をひいて入院することになってしまったんですが、他の人と相部屋でいつもと違った環境ということもありなかなか寝付けませんでした。

眠っては起きて、眠っては起きて・・・

そんなことを繰り返しているうちにだんだん変な感覚に入っていったのです・・・。

・・・それはなんだか不思議な空間。

周りはずっと先まで黒い空間が続いています。

起きているような眠っているような、そんな変な感覚。

でも感覚で夢だと分かっているので全く怖くなく、むしろワクワクする感じです。

とりあえず、何をしようか迷っているとふと頭に「女」が浮かびます。

そうすると、急に目の前に女が現れました。

ただ、画像のようにキレイで整っている女性ではなく自分の妄想で作り出したものなので、かわいいとかそういうのではありません。なんていうか、人形のような無機質の塊に近いものでした。

これが明晰夢の精度やレベルが上がれば、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の5感がよりリアルになるのでしょうが、明晰夢を初めて体験した私にはまだまだひよっこレベルのお粗末なものでしかありませんでした。

しかし、それでも頭で思い描いたものが目の前に現れるといった現象はとても面白くアドレナリンが出っ放しです。

さきほどの目の前に現れた女性も頭で思い描いた通りのスタイルや顔に変化していきます。

北川景子を思い浮かべたらそれに近くなり、新垣結衣を思い浮かべたらそれに近く変化していきます。

自分で夢だと認識しているのでイマジネーション不足でそれ以上のことはできませんでしたが、頭に浮かんだものが目の前に現れるということ自体に終始興奮しっぱなしでした。

今回の体験は以上になります。本当ならセックスしたり、空を飛んだり、もっといろいろなことをしたかったんですが、まだ明晰夢自体になれていないのでやれることが限られているような気がしました。

なんていうか目の前に現れるものも、どこかぎこちない感じだったりするので、それに対して性的に興奮はできないんですよね。

私の明晰夢のレベルが上がればもっと自然にキレイな女性を抱くことも可能なのでしょう。

明晰夢・・極めればもっと面白いことができるようになることでしょう。

まだまだ修行不足なので精進あるのみです。


性知識

Posted by 海藤