当サイトは性を追求するため、
一部アダルトコンテンツが含まれます。
18歳未満の方の入場・閲覧を固く禁じます。


名古屋ニューハーフとの4PでAF(アナルファック)乱交プレイ!

どうも、海藤です。

ニューハーフとは女性の見た目に加え、女性より女性らしい性格、更には男性の男根が融合したネオ人類です。

今回はそんなニューハーフたちと私と友人で4Pしてきた時の話。なかなか刺激的で、忘れられない思い出になりました。

男2人、ニューハーフ2人という4人での特殊な乱交プレイは、なかなか濃いプレイになりましたのでご覧ください。

名古屋でニューハーフヘルス乱交に至ったワケ


今回ニューハーフヘルスに行くきっかけになったのは、以前にしたニューハーフ4Pの話を名古屋にいる友人にしたのが始まりでした。

その例のニューハーフ4P体験の詳細はこちら↓

この話を友人にしたところ、思った以上に喰い付いてきたので名古屋でも探せばニューハーフで4Pできるんじゃないかと思い立ち、友人と共に行動に移すことにしました。

まずは電話から入ったのですが、ニューハーフ専門へルス自体が少なく、しかもさらに4Pとなると色々と調整が難しいのか、ほとんどのお店で断られるか、ありえないほどの法外な料金を吹っかけてきます。

5、6件くらい電話してみて諦めかけていたその時、最後にかけたお店が私たちの4Pがしたいという要望に対して好感触な上に料金も女の子2人分しか取らないという神対応をいただきました!

 

天啓!

これはもう神の思し召しでしょう。私と友人は満場一致でそのニューハーフヘルスに決めることになりました。

気分的に盛り上がってしまったので行く途中でアダルトショップによって「タマサック」を買っていっちゃいましたね。

これで今回は気持ちよくなること間違いなしです!

いざ!4Pの狂宴!


電話によると今回のニューハーフヘルスは指定のマンションに女の子がいるマンション型ヘルス(通称マンヘル)らしく、電話で指定されたところに向かうと、明らかに怪しい感じのマンションに着きました。

それは少しボロい感じのマンションで、何というかマンション全体から怪しいオーラがほとばしってます。

とりあえず、マンションの○○号室まできてくださいということだったので、私と友人はエレベーターで上っていき、インターホンを押します。

「ピンポーン!」

すると中から出てきたのは2人組のニューハーフ。2人とも普通の女の子よりもちょっと男よりの顔だちをしてましたが、愛想はいい感じで自分たち2人を快く迎えてくれます。

私が思うニューハーフの魅力だと思うポイントは、「中身が女性より女性らしい」部分とその「逞しさ」です。

ニューハーフであれば、おそらく通常の人間とは全く違う人生を歩んできていますので、それぞれの葛藤も当然あったでしょう。
しかしそれを乗り越え、自分らしく生きているという姿に感動するのです。

また、中身がその辺の女性以上にかわいかったりもするので、ちょっとした仕草や言動にドキドキしますね。

部屋の中は2DKくらいの普通のマンションといった感じです。普通に生活感あふれる部屋なのでこちらとしても居心地がいいです。

4人で軽く談笑しているうちに、私たちはまず、どちらの子を選ぶのか決めておき、その子と一緒にシャワーを浴びる流れになりました。

ちなみに私が最初に選んだのはゆかりちゃん(仮名)で、どちらかというとちょっとおとなしめの子です。

≪ゆかりちゃんのイメージ図≫

シャワールームは普通のどこにでもある感じのサイズなので、一度に4人は入ることはできません。まずは友人をシャワーにいかせ、自分は待っている間、ゆかりちゃんの身体を脱がして確認していきます。

ゆかりちゃんの身体は、胸がパッと見、Cカップくらいでチンコの方はちょっと小さめでかわいいサイズです。個人的にはデカチンの方が好ましかったのですが、性格がよさそうで落ち着く子だったのでこれ以上文句は言えません。

先にシャワーを浴びた2人が出てきたので、次は私たちの番です。ゆかりちゃんと一緒にシャワーを浴びて体の隅々まで洗ってもらいます。

この時にフェラをしてくれるので、気持ちよくてちょっとだけ勃起しちゃいましたね。

さて、シャワーから上がってからは先ほど買ったタマサックを装着し、プレイ開始です。実際に装着してみると玉が引き締められて勃起力が増します。勃起力が上がると、それによって気持ちよさも増す感じもします。

私と友人とニューハーフ2人が一つのベットで2:2に分かれてそれぞれプレイ開始です。

まずはタマサックをハメたまま、ゆかりちゃんから入念にフェラチオしてもらいます。やはり元は男なので感じるポイントを熟知していて、めっちゃ気持ちいいです。

隣では友人が嬢をペニスをフェラチオしていて、その衝撃的な映像がカオスさを掻き立ててくれます。

入念なフェラチオで完全に勃起した後には、恒例の兜合わせタイムです。ローションをお互いの性器に付けて擦り合います。

兜合わせ とは?

互いの陰茎を密着させ、刺激する行為。亀頭の形状を兜になぞらえてこう呼ばれる。互いの陰茎をすり合わせたり、二本を掌で把握し一緒に摩擦するなどの刺激を加える。

引用:Wikipedia

自分のペニスとニューハーフのペニクリ、お互いの性器を擦り付けることで物凄くHな気分になります。

ヘルスでしてもらう素股プレイに近いものがありますが、こちらはお互いのペニスの裏スジを密着して行うプレイですので気持ちよさもハンパじゃないです。

ゆかりちゃんも小さなペニクリを勃起させて感じてるのかいい表情を浮かべています。

もう、これだけでもイキそうになりますが、まだまだ序盤なのでイッちゃったら勿体ないです。

自分はイキそうなので、ちょっと休憩で、ゆかりちゃんの小さなペニクリだけをしごいてみます。女性ホルモンを体に注入していると射精しにくくなるといいますが、ゆかりちゃんもそうらしく勃起はするのですがなかなかイってくれません。

しかりニューハーフのペニクリはデカい方が楽しめますが、小さいなら小さいでそれもまたかわいらしさがあっていいですね。

ゆかりちゃんのペニクリを扱いていると、自分のペニスをしごいているようで興奮してきます。

ちなみに隣では友人が嬢のペニクリをフェラしてあげています。

後から聞いた話ではこれが初めてのフェラチオだったみたいでしたが、堂々としていたので流石だなと感じたと同時に、友人が真面目な顔をしてフェラをしている姿に思わず顔がにやけてしまいます。

AF(アナルファック)挿入!!

興奮が最高潮になったところで、AF(アナルファック)です。

ゆかりちゃんのアナルにローションをしっかり塗ってほぐしたら、正常位の状態でギンギンに反り返ったペニスをゆっくり挿入していきます。勿論、アナルなのでコンドームは必須です。普通のセックス以上に色々な病気になりかねませんからね。

しかし、タマサックもしていたせいか、いい感じで竿と玉が締め付けられ、心なしかいつもよりもギンギンに勃起しているように感じます。30代を越え、ちょっと勃起力が落ちてきたと感じている人にはうってつけのアイテムかもしれませんね。

ちなみにAFというとバックのイメージがあると思いますが、個人的には相手の顔が見えないバックよりも、面と向かって対面できる正常位の方が好きです。

さらに根元まで入れたら、しばらくそのまま抱き着いたまま動かずにするのが海藤流。この状態のままゆかりちゃんのかわいい乳首を舐めまわします。

しばらくその状態のままイチャイチャしたらゆっくりとピストンを始めます。

しかし前回に引き続き、今回もAFをやって再確認したのですが、女性器と比べアナルは中身が空洞になっているので根元くらいしか締まりが良くありませんね。

女性器の場合はペニスが奥に当たる感触があるのですが、アナルの場合は奥に当たる感触がないのもマイナスポイントです。

完全にフル勃起の状態で言うのも何ですが、やはり私としてはアナルよりもおまんこの方が好きですね。

しかし、肉体的にはイマイチだったもの、気持ちはまさに女性とのセックスのように昂っていたため、コンドームをしたままそのままアナルに中出し!!

「ふぅ…。」と一息ついたその脇で、友人がガンガン腰を振っていたので思わずにやけてしまいました。

しかし、声を出して笑ってしまうとせっかくのいい雰囲気が台無しになってしまう可能性があるのでここはグッと堪えます。

しばらくすると友人もAFでフィニッシュを迎え、コンドームを外してみるとめちゃくちゃな量が出ています。

普段であればここからパートナー交換をしてもう一発するところなのですが、今回は50分の設定だったので時間的にムリそうなのでこのままシャワータイム。流石に年齢を考えると50分で2回はキツイものがあります。

いや、もう少し顔やスタイルが良くて、性格ももっとエロいニューハーフであれば2回目もイケたでしょう。今回のニューハーフは福岡の中州と時と比べ、レベルがちょっとイマイチでした。
(中州では2回目もしっかりイッちゃってましたし…。)

そんなこんなで今回も無事に4Pをすることができました。
めちゃくちゃ満足とは言えませんが、乱交には乱交の楽しみもあるのでそこそこ満足できたと思います。何よりも友人との一生の思い出ができましたね。

なかなかニューハーフと4Pはすることが無いかもしれませんが、またできたら報告したいと思います。

注)今回の子のようにアナルに慣れている子ならある程度、いきなり挿入しても問題ないのですが、慣れていない子にいきなり挿入してしまうと裂けてしまう可能性があるので注意しましょう。

今回着用した”タマサック”に興味がある方はこちらから↓