当サイトは性を追求するため、
一部アダルトコンテンツが含まれます。
18歳未満の方の入場・閲覧を固く禁じます。


お金を溝に捨てたくないあなたへ!絶対に間違えない風俗選びの6の方法

意を決して風俗に行ったのに嫌な経験をした・・・。

なんてことありませんか?

せっかくお金を払って風俗に行くならできるだけハズレは引きたくないもの。

嫌な経験があると風俗を嫌いになっちゃいますからね。

今回はその嫌な経験を絶対に避けるために覚えておきたいことを紹介していきます。

「とりあえずヌケればいい・・」そんなこと考えてたら痛い目見ますからね。

絶対に知っておきたい風俗選びのポイント

  1. ホームページがしっかりしている
  2. キャッチ、呼び込み、客引きなどにはついていかない
  3. 案内所を通して紹介してもらう
  4. 写真(パネル)に統一感があるか
  5. 待ち時間なし、すぐ入れるにつられない
  6. スタッフの対応も吟味する
  7. 風俗の全てを楽しむ余裕を持つ

ホームページがしっかりしている

風俗雑誌がフリーペーパーになりつつある最近では、お店のホームページがあることが必須条件です。

ホームページの無いお店というのは違法営業をしているお店がほとんどです。

電柱の張り紙広告やポスティングをしているお店というのはかなり危険ですので絶対に避けるようにしましょう。

ちなみにホームページも長い間更新がされてないような感じのところは地雷率が高い傾向にありますのでそちらも気を付けましょう。

基本的には「ググる」こと。

「ヘルス+地名」などでググってホームページが上位の方にいるお店は安全面では問題ないでしょう。

キャッチ、呼び込み、客引きなどにはついていかない

基本的にキャッチのいるお店はNGです。

そういったお店は「キャッチをしないと流行らないお店」であることが多く、またキャッチの人の言葉は信頼ならないものが多いと思います。(値引き交渉、セールストークなど)

また、キャッチがいるお店に行くということは、その分お客さんはキャッチの人に紹介料を支払っているということになります。

キャッチがいないお店と比べ、料金が割増しになりますので、絶対に甘い言葉には乗らないようにしましょう。

案内所を通して紹介してもらう

都会で少し大きな歓楽街などになってくると、そこには「無料案内所」なるものの看板があるところが多いです。

これは安全な風俗などを無料で紹介してくれるというもの。

非常に便利なので見かけた際は是非使って下さい。

お店の方も親身になって対応してくれる人が多いので、自分の好みや性癖などをしっかりと伝えましょう。

ここを経由してぼったくられるということは、まず無いと思われます。

写真(パネル)に統一感があるか

写真の背景などに統一感がないお店はネットで画像を拾ってきている可能性が高いです。

上の写真を見ると背景に統一感が無いのが分かると思います。
背景にソファーがあったり、ただの廊下で撮ったような写真だったり、教室のようなところで撮っていたり・・・

こんな風に背景に統一感が無いお店はちょっと怪しいですね。

こういったお店ではパネマジ(パネルマジック)に騙される可能性が高いので気を付けましょう。

上の画像の感じに背景や制服などに統一感があるお店は比較的安心できる傾向にあると思います。

待ち時間なし、すぐ入れるにつられない

お店によっては「すぐ入れる」ことを前面に押し出すお店もあります。

風俗を探している最中の男性って脳内まで性欲に侵されていますから、こんなちょっとした欲望に負けてしまいがちです。

「今すぐヌキたい!」
「待ってなんかいられない。」

「待ってられない!今すぐ駆け出したい!」というその気持ちは痛いほどわかりますが、一度深呼吸して冷静になって考えてみてください。

ちょっと待つことで当たりを引く可能性がUPするなら、「待つ」といった選択肢もあることも考慮してみてはいかがでしょうか?

スタッフの対応も吟味する

お店のスタッフも含めてのお店です。

スタッフの対応が悪いと、嬢の質も悪いと思った方がいいです。

そういった店に関わることは時間のムダでしかないのでさっさと電話を切って次のリサーチに繋げましょう。

スタッフの対応が良いと、こちらも気持ちがいいものです。

是非とも自分の好みに親身になってくれるスタッフがいるお店を探しましょう。

風俗の全てを楽しむ余裕を持つ

実はこれが一番重要です。

今まで紹介した方法を全て駆使しても、やっぱりハズレを引いちゃうことってあると思います。

ではそうするかというと、それすらも楽しんじゃえばいいわけです!

ハズレを引いた時ですら、心に楽しめる余裕がある人って強いんです!

「絶対にハズレを引かない」と思っているよりも、「ハズレを引いたらそれはそれで楽しむ」

そう思っていれば万が一にもハズレは引きません。

いや、「ハズレを当たりに変換できるパワー」を持つといった方が正しいでしょうか?

ちなみに私は、風俗に行ってハズレを引いたことがありません。

いや、普通の人がハズレだと思うシチュエーションでも自分の中で当たりに脳内変換してしまうんです!

私は面食いではないのでほとんどの女の人がストライクゾーンです。

若い娘も好きだし、年上の熟女だって好きです。
更には普通の人がブサイクと呼ぶレベルの人だって全然OKです。

相手の悪いところを見るのではなく、いいところを見てあげればどんな人でも魅力ある人に見えてくるものです。

ホントに面食いの人って勿体ないと思います。

「面食い」については以前書いた記事をお読みください。

また、私にはNGワードがありません。

基本的に何をされても受け入れてしまうものですので、普通の人が眉をしかめるようなハードなプレイだってなんだってOKです!

例えば、塩対応の女性に当たったとします。

普通の人であれば「愛想がなくてダメ」と思うかもしれませんが、私にとっては「ツンデレプレイ」なので全然OKです。

むしろその方が興奮したりします。

相手がS嬢でもM嬢でもどちらでも構いません。

私はS役とM役、どちらでもいけますし、どちらでも興奮しちゃいます。

こんな風に、どんな人にも対応できるのでハズレを引きようがありません。

このパワーがあるとどんな状況下でも楽しむことができ、まさに無敵です。

この辺はまた別記事にて説明していきたいと思いますのでお楽しみに。

まとめ

以上が私が長年かけて編み出した「絶対に間違わない風俗選びの方法」です。

風俗に行く度に「楽しい!また行きたい!」と思えるように、最低限このくらいは知っておいた方がいいですね。

せっかく楽しいはずの風俗がお金を払って嫌な気持ちにさせられたんじゃ悔やんでも悔やみきれないですからね。

今回紹介したテクニックを駆使して、どんな状況下でも楽しめるような余裕を持てる人間になりましょう。