当サイトは性を追求するため、
一部アダルトコンテンツが含まれます。
18歳未満の方の入場・閲覧を固く禁じます。


オナニーするのに最適な時間帯は?○○の前のオナニーはNG⁉

あなたはオナニーするのに最適な時間帯というものを考えたことはありますか?

実はオナニーはタイミングによってはあまり身体に良くない効果があります。

オナニーの正しい時間帯を知り、より良いオナニーをしていきましょう。

オナニーをするのにNGなタイミング

まずはオナニーしてはいけない時間帯についてです。
これから紹介する時間帯にオナニーしてしまうと疲労が溜まったり、うまくリラックスできなかったりすることが多いので参考にしてみてください。

  1. 寝起き
  2. 就寝前
  3. 食事直後

寝起き

寝起きは頭がボーっとしてかなり眠いですよね。そんな時にオナニーしてしまうと眠気に拍車がかかるようになってしまいます。

休日などで二度寝ができる日なら問題ないのですが、学校や仕事などがある日にオナってしまうと布団から出るのがかなり億劫になってしまうので厳禁です。

起きてすぐは脳や体がまだ覚醒してないので、オナニーという過度な負担をかけてしまうと、体が覚醒しづらくなるうえ、集中力がなくなったり、強い眠気が襲って来るという症状が出てしまいます。オナニー1回分のエネルギーは100m全力で走るのと同じくらいと言われてますからね。最悪の場合、負担をかけすぎて心筋梗塞などになってしまう恐れがあります。

朝のオナニーが日課になっている or どうしても一発抜かないと目が覚めないという方は、昼間に眠たくなることを覚悟してやりましょう。

就寝前

これは意外に思われる方も多いと思いますが、寝る直前のオナニーは寝起き以上に良くありません。

通常、睡眠前は副交感神経が優位になって、リラックスした状態になるのですが、オナニーすると交感神経のほうが優位になってしまいます。交感神経が優位になると興奮状態が続いてしまい、そのまま睡眠をとっても脳や体があまり休めなくなってしまいます。

次の日はずっと体がだるくて、眠い状態が続きます。そうなるとどうしても作業効率などが下がってしまい、仕事や勉強に取り組むことが難しくなってしまいます。

夜、寝る前の日課にしている方も多いとは思いますが、グッと堪えて適切な時間帯にオナニーするようにしたいですね。

食事直後

食事の直後もあまりオナニーには向かない時間帯です。

なぜなら食事の後はお腹が満腹になり、副交感神経が優位になるからです。
副交感神経が優位の時は、体がリラックスできている状態です。

せっかく体がリラックス出来ている時間帯をオナニーで潰すことは勿体ないことです。
リラックスできている時間が疲労に変わってしまうので食後もあまりオススメしません。

できれば食後30分くらいはオナニーしない方がいいでしょう。

オナニーをするのに最適なタイミング

では次にオナニーに最適な時間帯についてです。
この時間帯にオナニーすると体にかかる負担が減りますのでタイミングを狙ってみましょう。

  1. 昼、夕食前
  2. 睡眠の2時間前

昼、夕食前

食事後は副交感神経が優位になるのでオナニーはしないほうがよいですが、食事の1時間くらい前ならオナニーして疲れても、食事をとることによってリラックスさせることができます。なのでここの時間帯にオナニーすると比較的体力の消耗を防ぐことができます。

そうするとその日、けだるさをあまり感じないようになるうえ、質の良い睡眠をとることができます。

しかし、朝食の1時間前はほとんど寝起きの状態なので、この状態でオナニーしてしまうことは良くありません。極力、朝食前にはオナニーをしないようにしましょう。

理想のオナニーのタイミングは昼、夕食の1時間前を目安にすると良いでしょう。

睡眠の2時間前

睡眠の直前にオナニーすることは良くありませんが、睡眠の2時間くらい前のオナニーならタイミングは最高だといえます。

睡眠の2時間前というのは、副交感神経と交感神経のバランスが同じくらいになっていることが多いです。この状態でオナニーすると、交感神経が優位になりますが、また1時間くらい経つと同じくらいのバランスになれます。

この時間帯がオナニーに適している点は、睡眠前に副交感神経が優位になることを損なわなくて済むというところです。なので睡眠の2時間前というのは、ベストの時間帯と言っても過言ではないでしょう。

まとめ

オナニーにも時間帯やタイミングによっては健康を損なったり、身体が興奮状態になったりする効果があります。そこを上手く見極めることで、オナニーしても疲れにくい体を手に入れることができます。

しかし、忙しい人や家族との兼ね合いなんかもある人は、今回紹介したタイミングでオナニーを行うことは難しいかもしれません。それでもオナニーしたいときは、やらないほうが良いタイミングを避ける努力をしてください。

生活にもリズムがあるように、オナニーにもリズムはあります。

いくら最適の時間帯だからと言ってオナニーを1日に2回も3回もしたところで、結局疲労は溜まっていく一方でしょう。適度な回数と時間帯を守り、質のいいオナニーをしていくように心がけていきましょう。