当サイトは性を追求するため、
一部アダルトコンテンツが含まれます。
18歳未満の方の入場・閲覧を固く禁じます。


ゴーゴーバーからニューハーフまで!夢の国”タイ”の風俗文化と治安

タイの首都”バンコク”では今日も賑やかな夜になっていることでしょう。

仏教、寺院、トゥクトゥクなど観光名所や見どころも数多く存在するタイという国における風俗文化と治安について詳しくご紹介していきます。

日本に比べて物価も安いので、本当にオススメできる旅行先です。

【タイ王国】
・英語表記:Kingdom of Thailand
・地域:アジア
・売春:違法
・銃器:所持可(要許可)
・通貨:฿(バーツ=THB)
・治安:★★☆☆☆(やや悪い)
・オススメ度:★★★★☆

タイの風俗文化と種類

タイの風俗と言えば何を想像しますか?

ネオンが輝く道のりに飲み屋がズラリと並んでいて、周りに何人もの女の子が踊っていたり、男性に声をかけているのが個人的なイメージです。

ちなみにタイで買春は合法だと思われている方も多いと思いますが、日本と同じで違法になります。

ただ、正確には刑事処罰が無いため、罰せられないということです。

タイに数多く存在する風俗店も警察に賄賂を払うなどして、経営を存続させており、タイではそれが普通の事だということですね。

事実、売春どうのこうので警察が摘発に動くということはほぼ無いそうです。
(風俗店に所属しない立ちんぼの売春婦には逮捕し刑罰を与えることもある)

ゴーゴーバー

タイの代表的な風俗遊びに位置づけられるゴーゴーバー

こちらのシステムは簡単に言えば、お店にいる女の子を誘ってホテルへゴーです。

まずお店に入り、気になった女性(ポールダンスや踊っている女性)を指名します。

女性に席に付いてもらいお酒をごちそうします。

楽しく会話し、その後お持ち帰りの交渉です。

隣接しているホテルや、自分の宿泊しているホテルなんかに呼び、セックスをするまでが流れとなります。

値段の相場は2000~3000バーツ(約7,000円~10,000円)ほどになります。

日本のソープで3万円ぐらい使うことを思えば、3日連続で色んな女性を抱くことが出来る夢のような値段です。

マッサージパーラー(MP)

これは単純にガラス張りのひな壇、通称「金魚鉢」に座っている女の娘を見て指名し、セックスをするシステム。

日本でいうソープランドみたいなものですね。

指名した娘と個室に入りプレイ開始です。

大体のお店でMP嬢のランク分けがされており、最上級クラスはモデル並みの体型・顔立ちの娘も大勢います。

値段の相場は2,000~6,000バーツ(約7,000円~20,000円)ぐらいだと考えていただければ結構です。

その他

カラオケ

日本でいうクラブと似ています。
セックスは女の娘によって違い、ヤレたりヤレなかったり。
値段相場は2,000~4,000バーツ(約7,000円~14,000円)ぐらい。

マッサージ店

セックス可能なタイ式マッサージ店。
建前はマッサージ店ですが、明らかに怪しげなオーラを放っており一目で分かります。
相場は1,500~2,500バーツ(約5,000円~8,000円)

立ちんぼ

これはどこの国にでもいますが、路上に立って男性に声をかけてホテルに誘うタイプになります。
お店(風俗店)に所属していないため、たまに警察の立ち入りが入ることがあるのでご注意を。
こちらは値段交渉しやすく、相場は1,000~2,000バーツ(約3,500円~7,000円)ほど。

タイの治安

タイの治安はお世辞にも良いとは言えません。

ただ、銃社会と呼ばれていますが、実際そこまで気にするほどでもないようです。

どちらかと言うと、日本人が巻き込まれる犯罪は窃盗、スリなどの軽犯罪がほとんどです。

アジア全般に言えることですが、やはり日本人はお金を持っているぶんカモにされやすいです。

あらかじめ危険を回避する情報を持っておきましょう。

オススメ度

オススメ度は星4です。

治安は日本に比べてだいぶ悪いですが、それを差し引いても行かないともったいないぐらいです。

物価は安いですし、風俗もセックス前提でのやりとりなので困ることはあまりないでしょう。

夜の繁華街は売春をしている女性が多いので、ひと目見て気に入れば声をかけてホテルに行くのもアリ。

交渉次第ではなんとでもなりそうなので、是非一度は行ってみたい国ですね!

ただ深入りしすぎて、変な犯罪に巻き込まれるのだけは避けたいところです。

参考動画

【タイの風俗】ゴーゴーバーが神すぎた!まさに男の楽園。
YouTube元動画※音量注意


風俗紹介

Posted by 海藤