当サイトは性を追求するため、
一部アダルトコンテンツが含まれます。
18歳未満の方の入場・閲覧を固く禁じます。


世界一の人口を誇る巨大大国”中国”の知られざる風俗事情と治安

日本の隣国にして、その数約14億人と日本の10倍以上の人口を誇る中国。

それだけ人が集まった場所で行われている売春は一体どのようなものなのでしょうか?

知られざる中国の風俗形態や治安状況とその裏側に迫ってみたいと思います。

【中華人民共和国】
・英語表記:China
・地域:アジア
・売春:違法
・銃器:所持不可
・通貨:¥(人民元)=CNY/RMB
・治安:★★☆☆☆(やや悪い)
・オススメ度:★★☆☆☆

中国の風俗文化と種類

まず始めに申し上げておきたいことは法律上、中国の売春・買春(性犯罪)は厳しいです。

万が一、公安の捜査が入り拘束されてしまうと10日以上~15日以下拘留、且つ罰金5000元(約8万円)となります。

また売春の組織的斡旋には死刑が適用されるほどの重罪になる場合もあるようです。

しかし中国は人口が多いぶん、地方の貧しい方たちが売春で出稼ぎにくるパターンが後を絶たず、売春の根絶は困難であるとされているようです。

それでは中国に存在する、風俗または夜遊びの種類をご紹介していきます。

KTV(カラオケテレビ)

中国での接待・夜遊びと言えばこのKTV。

KTVには2種類あり、量販式と呼ばれているのが日本でもあるような普通に歌をうたって楽しむカラオケボックス。

もう1つは女性(小姐=シャオジェ)が付く、日本で言うところのキャバクラが個室になったみたいなもの。

数多くの女性の中から選び、一緒にお酒を飲んだりする場所になります。

日本人向けの高級店もあり、美人の女性が多く在籍しています。

そしてこのKTVはアフターこそ重要と言えるかもしれません。

とてつもない美女と知り合えたら、連絡先を交換し、後日デートからのホテルへ・・・

なんてことも無いとは限りませんからね。

相場はピンきりですが、700元(約10,000円)~となっています。

風俗床屋(置屋)

これは韓国編でもご紹介したシステムになり、いわゆる“ちょんの間”です。

今では中心都市で見かけなくなり、地方のほうに多く存在しているようです。

在籍している女性によってサービス内容が異なるので、利用する前に聞いておいたほうが無難です。

もちろん限度は本番まで可能なところもあります。

相場は100元~200元(1,500円~3,000円)とかなり安いですが、それ相応に色んなリスクも絡んできそうです。

按摩(あんま)

これも韓国での記事でご紹介していますが、簡単に言うと表向きはマッサージ屋さんです。

中には日本のデリヘルのように、ホテルに派遣するタイプのものもあります。

料金は店舗型で400元~700元(7,000円~12,000円)、デリヘル型が600元~800元(10,000円~15,000円)となっています。

こちらもあらかじめ、どんなサービスが可能なのかお店に聞いておくことをお勧めします。

サウナ

こちらはサウナといって、分かりやすく言えば日本の“ソープランド”のようなものになります。

嬢を指名するところから入るので、自分の好みの娘を選んでプレイ開始です。

個人差があるとおもいますが、身体のありとあらゆる部分のリップサービスをしてくれます。

アナルから足の指まで舐めてもらうと、日本の高級風俗に行ったような感覚になるでしょう。

料金相場は90分で800元~1,400元(14,000円~24,000円)ほどになります。

シンプルなSEX目的ならこの”サウナ”システムがお勧めです!

中国の治安

中国の治安はハッキリ言って、日本に住んでいる我々日本人からすれば悪いと感じるでしょう。

実際、世界の治安ランキングでも100位前後と悪く、外務省が判断した危険度も安全とは言い難いとされています。

ただ、勘違いしてはいけないのが、一言に中国と言っても広大すぎるため一概には言い切れないのも事実です。

上海や北京などの大都市はわりと安全度が高いとされていますので、観光なんかするのは全くもって心配いりません。

気をつけなければいけないのは“スリ”“ぼったくり”といった被害ですね。

風俗関係でも同じで日本人はターゲットにされやすく、日本人と見るやいなや膨大な値段をふっかけられることもしばしば。

中にはお持ち帰りなどのシステムを利用したら、公安のフリをした人が押し入ってきて、脅され金をふんだくられたなんて話も・・・。

日本に住んでいると危機管理が薄れてしまっている方が多いと思うので、風俗を利用する場合は事前に情報を仕入れて行くか、現地案内スタッフにお願いするといいでしょう。

※あなた(日本)の常識は通用しません!細心の注意が必要です!!

オススメ度

オススメ度は星2にしておきます。

やはり、風俗を利用することのみを考えれば、治安状況が足を引っ張ります。

そして中国では日本より売春・買春に厳しいところが法律上ありますので、その危険性はぬぐいきれません。

また、風俗を利用したとしても、やっぱり気になるのが衛生面ですね。

日本の感覚で行けば、間違いなく戸惑うと思うので、初めからそのつもりで利用したほうが良さそうです。

大きなメリットと言えば、やはり“料金”でしょう。

日本と比べて、だいぶ安価なので気になる娘がいれば連日、利用することも可能です。

ただあまりにも安いと裏がありそうで危険性が増してしまうので、少しばかり高い値段を出しても、安心して遊ぶことをお勧めします。

どうしても行きたい人は、しっかりとした情報を仕入れて行けば、そこまで恐れることもないですが。

参考動画

【中国の売春婦の小屋の衝撃画像を入手…衛生面が…】
YouTube元動画※音量注意


風俗紹介

Posted by 海藤