当サイトは性を追求するため、
一部アダルトコンテンツが含まれます。
18歳未満の方の入場・閲覧を固く禁じます。


世界の風俗事情ってどんな感じなの?日本との違いは?

日本のトップは石原さとみで納得。

どうも、横山です。

今回は海外、つまり日本以外の風俗事情を簡単にご紹介していこうと思います!

もちろん国が違えばその国・地域でのルール(法律)が存在するわけで、日本より厳しいところもあれば、楽園のようなゆるい場所もあります。

普段から日本にしか生息しない私ですが、この先海外旅行や移住なんてことがあるかもしれませんので、この機会に色々と勉強しつつ紹介していけたらと思います。

ということで今回は各国を紹介する前に、海外風俗のお勉強です。

それでは頭の中で世界の風俗をシュミレーションしていきましょう!

日本の風俗との違い

まず大前提に日本と海外の風俗の違いにおいて決定的なものがあります。

それは“法律”です。

海外の風俗は「本番あり」、つまりSEXを前提とする場合がほとんどです。

要は日本では認められていない売春がそのまま商売として、国に認められているという事です。

有名なところではヨーロッパ諸国なんかが“売春=合法”としてまかり通る代表的な場所でしょう。

逆に言えば、日本は売春防止法がある以上、本番以外のサービスでお客に来てもらわないといけないため、風俗店の多様化が進んだと考えられています。

毎回、淡白な本番のみの風俗しか経験していない海外の方からすれば、日本の風俗はサービスも良く自分のフェチに合ったものが見つかると、結構評判は高いみたいです。

そういった点はさすがは日本風俗のクオリティですね。

海外風俗への障壁

次に、海外での風俗体験をする上で、やはり一番障害になるのが“言語”でしょう。

日本人をお得意様とする国であれば、多少の日本語が通じるところもありますが、やはり自分が本当に聞きたいことは聞けない(伝わらない)事が多いと思います。

本番までOK?
値段は?
延長などのシステム料金は?
病気(性感染症)は大丈夫そう?
身の危険は?

考えれば考えるほど不安要素ばかりが頭をよぎりそうです。

そもそも、現地で誰に声をかけてれば良いのかすら分からず、かと言って電柱や壁に貼ってあるピンクなチラシの番号に電話をするのか?

体験談としては面白いかもしれませんが、あまり現実的ではないですね・・・

ではどうすればいいのか?

行く前にするべき事と対策

じゃあ韓国に行くときは韓国語、中国に行くときは中国語、タイに行くときはタイ語を勉強してから行かなければいけないのでしょうか?

さすがにキツイですよね・・・

風俗で使うであろう単語ぐらいは覚えていってもいいかもしれませんが、ハッキリ言って私みたいなオジサンは覚えられません。

では信用できるガイドを付ける?

これはまぁある程度はアリだと思います。

ただ、本当に信用できる、ある意味知り合いレベルのガイドじゃないと、平気でボッタクってくるところもありますのでご注意を。

それも踏まえて海外の風俗経験だと割り切っていれば何も言うことありませんが・・・

ということは最終的に必要となってくるのはやはり情報”ということになりそうです。

その地の言語をある程度勉強していくのは良いことで、私自身も少しくらいは頑張ってみようとは思います。

しかしやっぱり最終的に一歩踏み出すかどうかは、現地の風俗案内のプレゼン力でもなければ、値段でもありません。

自分自身の判断材料の多さ、すなわち情報量です。

観光でニューヨークのスラム街を観てみたくてもフラフラ歩かないのは、事前にそこが危険な場所だという情報を持っている(知っている)からです。

ただ言うまでもなく、今のネット社会において情報の正確性なんてものはハッキリ言って分かりません。

やはりその情報さえも信用し、参考にするかは個人次第となってくるわけです。

性感染症の予防

危険性という面でお話すると、海外の風俗を利用する上で気をつけたいのが、“性病(性感染症)”です。

当然、日本でも性感染症のリスクを軽減するためにコンドームの着用はするべきですが、相手はSEXが主流の海外風俗です。

日本では馴染みのない病気をうつされる可能性は大いにあります。

コンドームをつければいいだけの簡単な作業なので、面倒くさがらずやっといたほうが無難でしょう。

様々な性感染症については以前に記事にしてあるので、参考になさってみてください。

 

いざチャレンジ!!

色々と不安を煽るような事を書いてきましたが、それもこれも海外の風俗を安心して楽しむ上での前提みたいなものです。

それを踏まえた上でも、やはり海外の風俗は経験してみたいですよね♪

他アジア諸国やヨーロッパ、アメリカなんかの風俗はどんな雰囲気なんでしょうかね?

個人的にはウクライナ美女なんかにお世話になりたいと常々思っております。

まぁ何にせよ、いつかは必ず行きたいと思っているので、その機会があればまたこちらでレポートしていこうと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実際に行ってみないと雰囲気や感じ方も違うと思いますが、何となく想像出来たのではないでしょうか?

海外の風俗を経験したことあるよ~って方は是非どんな感じだったか聞いてみたいですね^^

次回の記事は国別の風俗情報を色々と記載していこうと思いますので今後、旅行に行く予定のある方なんかは是非ご覧になってみてください。

それでは良い風俗ライフを。


風俗紹介

Posted by 海藤