当サイトは性を追求するため、
一部アダルトコンテンツが含まれます。
18歳未満の方の入場・閲覧を固く禁じます。


毛が無くてツルツル♪パイパンにするメリットや実際にしてみた感想

女性であれば、衛生面からかパイパンにしている人は結構多いと思います。

しかし、昨今は男性のパイパンが注目されてきているそうです。

かくいう管理人もパイパンを推奨をしており、定期的にパイパンにしています。

今回はパイパンにするメリットやデメリット、また、実際にしてみた感想などお伝えしていきます。

パイパンとは?

パイパンは、女性や男性の陰部に陰毛が全く、あるいはほとんど生えていないこと、またはそのような女性や男性そのものを指す。
麻雀における白牌の正式名称が「白板(パイパン)」であり、もともとはこれのことを指していたが、この牌の何も文字が刻まれていない見た目をつるつるなあそこになぞらえたことが定着してしまったのが語源。

まあ簡単に言うと、「陰毛が無い人のこと」ですね。

特に女性などは、アンダーヘアの処理は気にする人が多いのではないでしょうか?

最近では男性でもアンダーヘアを気にする人も多くなっており、国民全体がパイパンに関心が高まっているようです。

アンダーヘアの処理について

男性であれば髪やヒゲを整えるのと一緒で、陰毛の処理をするのは大事だと思います。

それが女性であれば、尚更、アンダーヘアには気を付けたいものです。

日本人はアンダーヘアの脱毛はあまり気にしない方も多いかもしれませんが、
欧米の女性であれば、ほぼ100%処理をしており、男性の場合も80%もの男性が処理をしているそうです。

特に女性は脇のムダ毛以上に気を使って処理をしているという徹底ぶり。

日本と欧米でこんなにもアンダーヘアの意識が違うんですね。

実際に外人が初めて日本の女性をセックスをする際には、彼女のアンダーヘアを見てかなり引いてしまうのだとか。

男性であっても万が一外国人とセックスする際にアンダーヘアがボーボーだと引かれてしまう可能性があります。
知らないと恥ずかしいことですので気を付けたいですね。

パイパンにするメリット

パイパンにすることは、実はメリットがいっぱい!
そんなメリットだらけの理由をまとめてみました。

清潔になる

デリケートゾーンは男女ともに蒸れやすい場所。それだけに空気がこもり、雑菌が繁殖しやすくなっています。
特に女性であれば、生理やおりものなどが陰毛に付着することで菌がすごい勢いで繁殖してしまいます。

汗をかきやすい場所なのでしっかりと処理して清潔にしたいですよね。

病気になりにくくなる

アンダーヘアが長いと性行為が無くても病気にかかってしまうことがあります。

肛門に毛が絡みついて大腸菌などの細菌が陰部に付いたり、寝具のシラミから「毛じらみ」に感染することもあります。
さらに女性は、疲れやストレスなどで、元々持っている菌が繁殖して「カンジダ膣炎」にもなることだってあります。

異性に喜ばれる

アンダーヘアの処理をすることで異性からは清潔感があるように見られます。

特にフェラやクンニの際には、陰毛の臭いがしない。陰毛が舌に絡まなくてGOOD!口に陰毛が入り込むことも無い。という風に、異性にも好評だったりします。

ペニスが大きく見える

大きいペニスは男性の象徴です。女性に「大きい♡」などと言われて嬉しくない男性はいないでしょう。

ペニスが陰毛に埋もれることによって、実際の大きさよりも小さく見えてしまうのです。
陰毛が長ければ長いほど、ペニスが隠れて小さく見えてしまうので、しっかりと処理して男らしさをアピールしたいですね。

ハミ毛が気にならない

女性が水着を着る時に、どうしても気にしてしまうのが「ハミ毛」
いくらかわいい水着を着ていてもこれがあっただけで台無しです。

勿論、男性であってもハミ毛はいただけないので注意は必要です。

セックスの際の感度が上がる

実は意外なメリットとして、セックスの際の感度が上がるという点もあります。
パイパンの男女同士だとアンダーヘアがない分、肌と肌が密着するのでそれがいいという意見も。
女性は、挿入の際に毛が絡まって痛い時もあるらしいのでそれが無くなるのもいいですね。

ただし、陰毛は性感帯の一部であるという意見もありますので個人差で好みがわかれるところでもあります。

パイパンにすることのデメリット

メリットがあればデメリットも存在します。
個人的にはデメリットは少ないと感じてますが、皆さんの目にはどう映るでしょう?

陰毛は性感帯の一部

産婦人科女医の中では、アンダーヘアは剃るべきではない意見もあるそうです。

その理由として、女性はセックスの際に濡れるより前にアンダーヘアが立って、そこから愛液が出る。
そのため、アンダーヘアは大事な性感帯の一部であるということです。

しかし、これには個人差があるのでない方が気持ちいいという方であればデメリットにはならないと思います。

温泉などでやたら目立つ

温泉や大衆浴場など、裸になる場所でパイパンになることは、人の目を気にする方であれば少し恥ずかしいかもしれません。

しかし、そういった方もタオルなどで隠せば特に問題ないかと思われます。

個人的には、見られて恥ずかしいことなんてひとつもないので堂々としているのがベストだと思いますけどね。

処理が面倒

どういった処理方法をするかにもよりますが、基本的には永久脱毛をしない限り、定期的に処理することになり、面倒だったりします。

カミソリで処理した場合などは、毛先が尖ってしまうので後でチクチクしたり、かゆくなったりすることもあります。

永久脱毛は後で後悔するかも?

永久脱毛をすると、ほぼ一生毛が生えてきません。

これはメリットでもあり、デメリットでもあるのですが、年を取ってからシワシワの状態で毛が無いと少し恥ずかしいという人もいます。
若いときは良くても、後から後悔する人もいますので、やる前によく考えてからするようにしましょう。

パイパンにする方法

パイパンにする方法にも色々とあります。
それぞれ、メリットやデメリットがあるので自分に合ったやり方でパイパンになりましょう。

毛抜きで抜く

毛抜きで毛を抜くことで陰毛を根元から引き抜くことができ、陰毛が生えてくるまでの時間が長いので、一度処理したら楽です。

しかし毛を抜く作業は時間がかかりますし、さらにかなり痛みを伴う手法ですのであまりオススメしません。
埋没毛(まいぼつもう)になってしまうリスクもあり、抜いた毛穴からばい菌が入り込んで炎症を起こすこともあるので、できれば違う方法で抜くようにしましょう。

スキバサミでカットする

こちらはパイパンではなく、ある程度の長さに処理したいときに使う道具。

スキバサミでカットすることでキレイに形を揃えることができます。
スキバサミ自体は100均などで売っているので、何といってもコストパフォーマンスは最高です。

ただし、ハサミでカットした部分が尖って、後からチクチクしてくるので注意は必要です。
あと、刃物ですので間違って肉を挟むと大惨事になります。

カミソリで剃る

カミソリはハサミより使い勝手が良く、剃るのでパイパン処理はしやすいです。
ただし、こちらも剃ることでチクチクしたり、後からかゆみなども発生しやすいです。

また、こちらも刃物ですので誤って肌を傷つけないようにしましょう。
毛をそったあとは「アフターシェーブローション」などを塗り込むことで処理後のチクチクを抑えたりできるのでオススメです。

バリカンやシェーバーでカットする

ひげ剃りなどで使うバリカンやシェーバーを使って処理することもできます。

バリカンであればアタッチメントが付いているので、局部を傷つける心配もないので安心ですね。
シェーバーなどを使うのであれば、長い毛だとかなり時間がかかっちゃうので、一旦ハサミなどで短く整えてからするようにしましょう。

ブラジリアンワックスで脱毛する

ブラジリアンワックスはその名の通り、ブラジルで生まれた脱毛ワックスのことです。
ワックスを肌に塗りこみ、乾くまで待ってから剥がします。これだけでごっそり陰毛を処理することができてしまいます。

最近ではマギーやダレノガレ明美などの有名人なども使っていて話題になってますね。
人気モデルの間でもポピュラーなアイテムらしいです。

ただし、海外のブラジリアンワックスは日本人向けに作られてないので、肌が強い人でも荒れたりするみたいです。
できるだけ日本製のワックスを使うようにしましょう。

除毛・脱毛クリームを使う


除毛クリームは毛を溶かす成分が入っており、塗布して数分間待つだけで毛を取り除くことができます。
しかも除毛クリームは毛を溶かす効果もあり、繰り返し使うことによってどんどん毛が細く、薄くなっていくのがメリット。

また、カミソリ独特のチクチクも少ないのも嬉しいですね。

ただし、除毛クリームをしっかりと選ばないと肌トラブルの原因になります。
除毛する際は必ずパッチテスト(※)を行った上で、アンダーヘアにも使える商品を選ぶようにしてください。

人間の肌の中でも特に敏感な部位ですので、肌の弱い方は違う方法でパイパンにすることをオススメします。

※アンダーヘアの場合はVラインの端に10円玉程度塗布し、半日ほど放置して症状が出ないか確かめましょう。

実際にパイパンにしてみた感想

私も実際にパイパンにしてみたのですが、見た目がスッキリして、気分が良くなりました。

特に股間は蒸れやすい場所なので、スースーと風通しが良くなったのが原因でしょうね。

パイパンにしたことでいつもよりも蒸れにくくなったような気がしますので、夏場はとてもオススメです!

しかし、後からくるジョリジョリ感は少しむずがゆい感じです。
パイパンはこれさえなければホントにいいものなのですがね。

今回はカミソリで剃ったのですが、やはり毛先が尖ってしまって後からかゆくなってきますね。

今度パイパンにする際には、今気になっている「ブラジリアンワックス」を試してみようと思います。


性知識

Posted by 海藤