当サイトは性を追求するため、
一部アダルトコンテンツが含まれます。
18歳未満の方の入場・閲覧を固く禁じます。


ラブホテルの相場と正しい料金の支払い方 仕組みや利用方法まで丸分かり

昔から愛の営み場所といったら、何といっても「ラブホテル」

しかし、まだ行ったことのない人もいるはずです。誰でも初めての時って緊張しちゃいますからね。

今回は初めてのラブホテルで失敗しないように、ラブホテルの一連の手順を説明していきます。

ラブホテルってどんなところ?

基本的にはラブホテルとは、「カップルの性行為などをする場所」として使われることが多いです。業界では露骨な表現を避けるため「ブティックホテル」「ファッションホテル」「レジャーホテル」などの呼称もあります。

恋人を自宅に呼べない理由などがある場合。
彼女とちょっといつもよりも刺激的な夜を過ごしたいとき
デリヘルを呼ぶ場合。(この場合は1人で利用)

ラブホテルを利用するほとんどの客が上記に当てはまると思います。

しかし、その居心地の良さや大きな室内やお風呂、そして遮音性に優れていることから、最近では一人で利用する(デリヘルなどを呼ばない)いわゆる、「ひとりラブホ」の利用も増えています。

確かにビジネスホテルなどでは、あらかじめ予約などが必要なホテルもありますし、何よりもホテルによって色々とルールなどがあったりするので、少し面倒に感じる人も多いです。

その点ラブホテルなら、急にふらっと行っても大抵は泊まれることができるので融通がききます。

ラブホテルの種類やシステム

ラブホテルには大きく分けて2種類のタイプに分けられます。
それは「モーテルタイプ」と「フロントタイプ」です。

モーテルタイプ(戸建て形式)


モーテルタイプとは、1つの客室に対して1つの車庫がセットになっているタイプ。(戸建て形式)

各車庫に客室料金などがあり、車庫に車を止めると入室が決定します。この際に部屋のグレードなどをしっかりと確認してから入庫するべきでしょう。

中に入ってからのキャンセルは基本的にできませんので、初めて行くホテルなどは車で一周してから、料金を把握したうえでの入庫をオススメします。

このタイプの最大のメリットは、人に会わずに部屋に入れること。

会計も自動精算機での支払いになるので、最初から最後まで全く人に会わずに行けちゃいます。ワケアリカップルなどで人に見られたくない関係の方や、ラブホテルで人にバッタリ会うのが恥ずかしい方などはこのタイプがいいでしょう。

フロントタイプ(ビル形式)


フロントタイプとは、ビジネスホテルのようにフロントを通過して入室するタイプのホテル。

駐車場に車を止め、ホテルの入り口付近にある「客室パネル」で入りたい部屋を選びます。


≪客室パネル≫

パネルは明るく点灯しているパネルが空室なので、この中から選びましょう。

すると、レシートが出てきますのでそれをもって部屋に入室します。
この際に、前払いの店などはフロントにレシートを渡して事前に料金を払った上での入室になります。

メリットは客室をじっくりと立ち止まって選ぶことができる点。

先ほどのモーテルタイプでは料金が各部屋ことに違うので、全ての部屋を把握するためには一周する必要がありました。それがフロントタイプでは全部の部屋を一目で確認できるので便利です。

また、このタイプの特徴として、稀に古いホテルだと「エアシューター」を用いて会計のやり取りをする必要がありますので、昔ながらのホテルに泊まる際はそれも覚えておきましょう。

エアーシューターでは、あらかじめフロントに電話をかけて料金を確認し、中のカプセルにお金を入れてボタンを押します。(お釣りもエアーシューターで返ってきます。)

昭和の香りがプンプンしますが、これもラブホテルの醍醐味の一つです。

ラブホテルの利用プラン

ラブホテルの利用プランには主に3種類。
「休憩」「宿泊」「フレックスタイム」があります。

休憩

昼間の短時間の利用のことを「休憩」と呼びます。

各ホテルによって休憩の時間は異なりますが、
関東なら2時間、関西なら3時間が休憩時間です。

また、多くの場合、休憩で入っても、深夜12時を過ぎると自動的に宿泊料金に変わってしまうので、 夜間の休憩利用では時間に注意して下さい。

宿泊

こちらは夜間~朝。長時間での利用になります。

多くの場合、夜8時ぐらいからチェックインが可能で、次の日の昼11時頃まで利用できます。時間内でのチェックイン・アウトなら、料金は一律です。

また、深夜宿泊割引きなど、深夜以降にチェックインすると、昼過ぎまで滞在OKであったり、宿泊料金が安くなったりするホテルもあります。

フレックスタイム

こちらは昼夜問わずに、滞在時間の長さで料金が決まるシステムです。

フレックスを昼間だけ利用しているラブホテル、24時間フレックスタイム制でない場合は、チェックインできる時間帯が決まっている場合もあります。

自動精算機

料金が先払いでない場合、ほとんどが自動精算機にて会計になります。

この場合、部屋は入った瞬間に自動ロックされますので注意です。理由はお金を払ってないのに帰られたら大変だからですね。

もし外出したい場合はフロントに電話しましょう。

ちなみに自動ロックって災害時にどうなの?って話ですが、災害時は自動ロックが外れる仕組みになっていますのでご安心ください。

クレジットカードも対応している機種がほとんどですので、支払いの際はシュッとクレジットで支払うとかっこよく見えます。

部屋に入ったら・・・

部屋に入ったらいきなりプレイを楽しむもよし、まずはインターバルとしてお茶を飲むのもいいかもしれません。

お酒の力を借りるのも悪くないです。ただ飲みすぎると勃ちが悪くなるのでほどほどにしましょう。

基本的にこういった備え付けのお茶は無料ですので、いくらでも召し上がってください。

他にも無料のものといえば、アメニティ類やコスプレ衣装なども無料(一部有料)ですので、恥ずかしがらずに是非とも活用してください。

また、「コンドーム」も無料ですのでその場に応じて活用してみてください。(枕元にあります。)

自分のこだわりのコンドームがある方はあらかじめ持ち込みしていきましょう。

アダルトグッズやお酒、ジュースは有料ですので覚えておきましょう。

こんな風に値段が載っているお酒やビール、アダルトグッズなどは有料ですのでその場に応じて購入してもいいでしょう。

また、「持ち込み自由」のホテルがほとんどですので、スケジュールに余裕がある方はコンビニやスーパーなどで買い出ししてからラブホに行くのもいいでしょう。ラブホの物価は一般よりもやや高めです。

ラブホテルでの注文の仕方

ラブホテルでの注文の仕方は、電話かホテルに備え付けのテレビのリモコン操作からも注文することができます。(一部のホテルは電話のみ)

暫くすると、部屋のチャイムが鳴り、注文した商品が届きますので取りに行きましょう。

食事受け取りの小窓がある部屋なら全裸で取りに行ってもいいですが、そうでない場合は一応、服を着てから受け取りに行きましょう。

各ラブホによる特殊な設備

各ラブホによってサービスは異なります。ここでは様々なサービスを紹介していきます。

カラオケ


最近は防音もしっかりしているラブホが多いので、ほとんどの部屋に見られますね。

カラオケに行くよりも、2人でまったりしながらできるのでカラオケ好きな人にはオススメです。

ホテルによっては深夜2時以降はカラオケ禁止などのルールもあるところもあるので、あらかじめOKか確認してから歌うようにしましょう。

ソープマット

最近ではあまり見かけなくなりましたが、あるラブホにはあります。

マットプレイは男だけでなく、女性も気持ちのいいもの。
これを機に、男性もサービスする側に回ってみるのもいいかもしれません。

サウナ、岩盤浴、スチームサウナ

サウナや岩盤浴などが付いている部屋もあります。

基本的に2人用なので若干狭いですがサウナ好きにはたまりませんね。

プレイグッズ

天井に吊り輪、分娩台と素人には扱いが難しいですが、こういった特殊な部屋もあります。

普通のラブホテルではイマイチ物足りなくなってしまった方にオススメです。

こういった特殊な部屋があるホテルは数少ないのであらかじめ予約してから行くようにしたいですね。

こういった部屋にはノーマルの部屋よりも、より濃厚な時間を過ごすことができます。

ラブホテルの予備知識

ラブホテルの人数制限

ほとんどのラブホテルは「2名」で利用するように作られてあり、それ以上の人数はフロントに確認が必要です。(1人は問題ない場合が多いです。)

中にはグループ専用ルームなどもありますので、あらかじめ確認してから利用するようにしましょう。

ラブホテルの予約

ビジネスホテル同様、ラブホテルも予約できる店舗があります。

目的が宿泊限定にはなりますが、人気のラブホテルだと満室もあり得ますので電話で予約してみるのもいいかもしれません。

ただ、休日前など比較的混む時には予約を断られることもありますのでご了承ください。

ウェルカムサービス

ラブホテルの中には、ウェルカムサービスとして色んなサービスが充実している店舗もあります。

休憩:ウェルカムドリンク1杯無料
宿泊:朝ごはん&ウェルカムドリンク1杯無料

こんなサービスを行っている有料店舗もありますので、時間のある時にでもインフォメーションガイドを見ておくといいかもしれません。

それでは良いラブホテルライフを!